■女の子ののオナニー

クリオナニーは快感の出発点です。
いけないということで本当に悩んでいるのなら、クリオナニーを習慣的にを やってみましょう。
おしっこがもれそうになろうが、恐怖感がでてきても最後までやってみるべきです。
  クリでいけないということはおおよそ考えられないが、指、シャワーやローター、 などで感じてみよう。 イメージ(シチュエーション)や没頭も重要で、例えば 好きな人に抱かれる様を想像し酔いながら オナニーされてみたらいかがでしょうか。
実は感じられる女性でもオナニーをほとんどされない方も多いですが、理由は男性に 愛撫されたほうが気持ちいいからということがあります。
また、男性のように直接で視覚で興奮する要素も少ないので、そんなにする 必要性を感じないということもあるようです。
指も自分の指ではなくて、好きな男性の指で触られている様を想像したり。

レディースコミックや小説なんかをネタ本にされる女性もいらっしゃるようですし、 想像(妄想)のネタはいくらでもあるはずです(笑)
自分の興奮するシチュエーション、妄想を膨らませましょう
実はいけないとおっしゃってる女性の中には、この想像力を使って興奮する力が 弱い場合があると思います。

  それでSEXのときも自分を興奮状態に高められない場合が多いのです。
(もちろんパートナーのテクニックや言葉が足りないという場合もあります) クリオナニーをすると、次の膣でイクための準備ができますよ♪
    ・膣オナニー 

クリトリスを刺激して膣がうるおってくるようでしたら膣内にもぐんぐんと進んでみましょう。
膣内に指を挿入した状態で、少しでも気持ちのいいポイントを探るような感じで 膣の壁をあちこち動かしてみましょう。

最初は膣前壁(おなか側)の浅い部分、中指を入れて指を少し曲げたあたりに ポイントを絞ってやりはじめるといいと思います。 (膣入り口から3cmから5cmぐらいのところにGスポットはある)
自由に感じられるようになると膣全体やポルチオで感じられるようになるけれど まずは、Gスポットもある膣前壁、ここを中心に試してみることをオススメします。
また膣上壁を擦るような、押すような、掻くような感じの動かし方などもいろいろ 試してみて少しでも気持ちよく思えるところに集中してイメージを高めていきましょう。

気持ちのいい部分により集中、没頭してみてください。
場合によってはGスポットではなく、かなり奥の方が気持ちよかったりもしますから。
羞恥心は忘れて!(これはSEXの時も大切なことです。)
おしっこがしたくなるの であれば、ビニールやバスタオルを惹いてやるのも抵抗があるでしょうから   お風呂場がオススメです。

最初にクリトリスでいって、またはクリトリスを刺激しながら膣を刺激していきます。
おしっこしたい感じになったら、そのまま放尿してもかまわないので、我慢している  気持ちをフワッと緩める感じで膣内の気持ちよさに浸ってくださいね。
実はこの膣オーガズムになるとクリトリスでのオーガズムと少し違って、 精神的なものがより影響してくるみたいです。

  思いきって淫乱になるぐらいの感じで、その気持ちいい世界の先に飛びこんで いくことがオーガズムへの近道でしょう。
また少しでも感じたら、その快感にしがみつくぐらいの感じで集中して我を忘れて 快感に酔い乱れましょう。

一度膣オーガズムを感じるコツを覚えたら勝手に体が覚えてくれています(笑)
快感の更なる経験によって、感度もどんどん 上がっていきますよ♪